2009年12月26日

[お買い物]SENNHEISER HD25-C II

 どぉもお久しぶりの更新です、既にあちこちから「ブログ飽きたなw」とツッコミが入っていて否定出来ない絹でございます。

 さて今回、お好きな方にはピピッと電気が走ってしまうような内容ではと思われます。ロック系に最適と言われる高級ヘッドホン(金額だけ高級)、ゼンハイザーのHD25-1II…ってのがあるんですけど、それの貧相で短いコードがカールコードになったHD25-C IIをイギリスより購入してしまいました。

 英文メールをしたためての個人輸入? いいえ、そんなめんくさい話じゃありません。もっと円高の時に気付いていれば良かったのですが、何とジュノ・レコードと言う日本語化されたサイトが送料手数料込みの大変リーズナブルなお値段で、HD25シリーズを販売してくれるのです。
https://jp.juno.co.uk/products/350488-01.htm

 大体、購入時のレートで20,000円前後です(合ってますよね?)。

 送料に上乗せすると輸送会社が変わり、配送期間が短縮され、なおかつトラッキング(商品がどこにあるか追跡)出来るそうです。詳しくは日本語の説明を読んでみて下さい。ワタクシはバクチで、送料コミコミコースを選んで大丈夫でした。注文が12/17、発送が12/18、到着が12/26なので謳い文句に偽り無し。素晴らしいです。

 ↓箱の写真。商品名がちょっとテカッていますが、撮影し直しません(爆)
箱。

 ↓愛用のNW-A845と接続。ポータブルである事を考えると、ちょっと失敗した気がしないでも無いです(さすがに重たい)。
A845と接続。

 ↓本体ロゴを見ると…えーと、ワタクシはHD25-1IIと同等品でケーブルのみがカールコードになったと思っているので、明らかに名称が変わっているのはちょっと不安です。
刻印。

 音質について、実はHD25-1IIの実力を知りません。なのでカールコードに変わった事による音質の変化どころか、もしかしてHD25-SP2(名前が似ているだけの別物、廉価品)相当だったらどうしようとか、そんな感じです。まぁスペックを見てもさすがにそれは無いとは思いますが。

 締め付けは噂通り厳しいです。でも、メガネを掛けていてもまぁ大丈夫かな。音漏れは、自分で好きなだけ音量を上げても漏れる心配が無さそうです。参考までに、MP3Gainで95dbのアルバムゲインを適用した「元々が100db平均のJ-POPアルバム」を聴く時に、NW-A845で音量10くらいが、「こんな大きな音で鳴らして音漏れしないかな」とワタクシが不安に感じるラインです。つまりその程度では全然漏れないって事です。この段落は特に個人差がありますので鵜呑みにはしないで下さい。

 現状、とても満足しています!
posted by 絹 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(1) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

インフルエンザ

 はい〜、そんなわけでガッツリとインフルエンザにかかって伏せっておりました。タミフルは野菊のような人だ。幻聴が聞こえて、まんまと玄関先におびき出されてしまいましたが、そのまま笑顔で車道に飛び出すには至りませんでした。(誰、舌打ちしてるのは?)

 身近な人への私信っぽい、近況でした。m(_ _)m
posted by 絹 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

[お買い物]iGroove SXT

iGroove SXT

 Klipsch日本代理店のイー・フロンティアから、iPod/iPhoneと接続するスピーカー(定価19,800円)を送料無料12,800円で、一般発売日より2日ほど早く出荷するよ〜んと言う内容のメールが届いたので、ついポチってしまいました。

 簡単にファーストインプレッションを。

【長所】
・地味だが音質がなかなか良い
・お手軽(BOSE M3のようにセッティングに苦労しない)
・場所を取らない(A4サイズと言われています)
・iPod/iPhoneの高速充電が出来る(要らぬお世話とも言える)
・動画のみS端子出力でTVに映し出せる(まだ試していません)

【短所】
・説明書が手抜き(元々日本語マニュアルはないのですが、他言語版として用意されているその時点で既にダメダメな感じです)
・ボタン類のクリック感がないので(本体・リモコン両方とも)、操作が効いているのか分かりにくい
・ボディに高級感が不足している
・リモコンで操作出来る事が少なすぎる(結局iPhoneの画面をタッチしなければならないです)
・iPod/iPhoneを立てるためのスタンドアタッチメントが6種類も入っているが、説明が一切ない(どれをどう使ったら良いのか。少なくともiPhoneに合う形状が3種類ありました)
・iPhoneをセットするにはハードケースのようなアクセサリを外さないといけない
・接続端子(ドックコネクタ)部分に負荷が掛かるので、ここから壊れそう
・タイマー類は一切無い

 ん、短所の方が多いですね(笑)。たまたまワタクシの手元にあるPC用スピーカーがBOSE M3なのでそれと比較してしまいがちですが、M3だと音量を上げる程うるさく感じるのに対し、iGroove SXTはうるさくないのに良く響きます。低音も、ボディサイズを超えた良さがあります。

 さすがに音質でM3を超えるのは無理ですが、それでも六畳間くらいの場所でBGMを流したり、普通に音楽鑑賞をするのならiGroove SXTの方が向いているような気がします。
posted by 絹 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

[お買い物]NW-A845

 前置き省略、サクッと書きます。

 NW-A840シリーズ(A845のブラウン)を購入しましたが、すげえっす。何がすげえって、もちろん音質ですよ。

 本機について巷に流れている悪評は、やっぱり最終的には購入してみて、その人の聴力やらイヤホンやら好みの音楽ジャンルやら…とにかく色々なファクターから導き出されるのだから、鵜呑みにしてはいけないなと思いました。

 少なくともワタクシの場合は、高音質と評判が高いiAudio U5をも軽々超えていると感じました。一聴して、8畳間が吹き抜けのホールに変わったような空間の広がりに驚かされます。

 それで、悪評についてですが…

・ホワイトノイズがひどい
 Image X5を使っているせいか、「どこがホワイトノイズなの?」と肩透かしを喰らいました。もし、あの電源ON時に感じる薄〜い高域をホワイトノイズと呼ぶのなら、A800シリーズの方がよっぽどすると思います。

・いやいや、付属イヤホンならホワイトノイズがひどいでしょ?
 先ほど試してみましたが、S700シリーズのノイズキャンセルと比べたら「進歩したなぁ」と感心するくらい、こちらも小音量化されていると思います。

 個人的には「ホワイトノイズも音質の内」と考えているため、つまりホワイトノイズがある時点でそのDAPを高音質と呼ぶのには抵抗があります。今回A840シリーズを購入するのにすごくためらったのは、ホワイトノイズがひどいと言う噂を聞いていたからです。

 結局、それは杞憂に過ぎませんでした。確かにS700シリーズあたりは「スパー」とホワイトノイズが出っぱなしで、そんなだったら困るなと思ってたんですけど、もうこの程度なら全然気にならないっす。

 それにしても、A840シリーズのように高音質のDAPで手持ちのアルバムを次々聴いていくと発見の連続ですごく楽しいです。椎名林檎の1stアルバムのように、なぜかどんなDAP・どんなイヤホンでもそこそこ同じように聞こえるのもあれば、C-C-Bのベストアルバム『TREASURE COLLECTION』のように劇的に生まれ変わるのもあります(参りました)。逆にぐちゃぐちゃなミキシングに呆れたり…って、これは具体名を出せませんけど。基本的には空間=ステレオ感を上手に演出しているソース程、A840で生き返るようです。

 付属のノイズキャンセルイヤホンも言われている程ダメダメな音質とは思いませんでしたので、明日以降の外出でデジタルノイキャンの実力を試してみるつもりです。
posted by 絹 at 22:46| Comment(4) | TrackBack(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

[イヤホン]ER-4P(4S)に関する悲しい誤解

 かつてワタクシはネットの比較的古い評判を信じて、Etymotic ResearchのER-4Pを購入しました。本当は4Sが欲しかったのですが、たまたまアウトレットで4Pだけが安かったのと、後から4S化アダプタを装着すれば4Sと同等の音を得られると知っていたため、まぁいいかなと言う判断です。

 そして、しばらくはイヤチップをあれこれ変えながら「う〜ん、なるほどER-4Pはいいね」とか思っておりました。そう、確かに良い音はしていたのです。ただ、感動する程までは行かず、ちょっとした不完全燃焼感を味わっていました。

 結局、低音や音場や装着感を求め、BAカナルイヤホンとしてはかなり高額なTriple fi.10proを買うまでに至り、しまいには更なるカジュアルさを求めてBOSE QC3にも手を出し、すっかり出番が無くなったER-4P/4Sへの評価は以下のような物となりました。

・装着感が悪い。
・低音が弱い。
・4Pと4S、そんなに音質は変わらない。
・敢えて言うなら、4S化すると高音が耳に痛い。

 これ、全部間違いでした。本当に申し訳ない(誰にだ)。

 耳穴に、これ以上入らないくらいギュウギュウに押し込み、角度も調整し、外音が危険な程カットされた状態で「これで完璧な装着だろう。しかしキツな」とか思っているそこのあなた! 本当にそれが完璧な装着かどうかは分かりませんよ?

 Klipschのイヤチップ…これはイヤーゲルズと呼ぶらしいですが、ソフトシリコンで楕円形になっているそれはER-4シリーズでも使えます。本当はImage X5を買っていただきたい気持ちはありますが(大〜小合わせて全種類1ペアずつイヤーゲルズが付属しているから)、無理なら別売されているチップで、自分の耳に合うと思われる物を購入してみて下さい。

 イヤチップでこんなにも音や装着感が変わる物なのか!と、必ずや耳からウロコが落ちると思います。某匿名巨大掲示板等では、ER-4ユーザーが「低音は十分」と言うのに対して「いや、あの低音の量が十分と言うのには無理があるでしょ」とか「スカスカ」とか反論がなされて、ワタクシも(そうだよね)と心の中で同意していましたが、それだけER-4シリーズは装着が難しいのだと今頃理解しました。

 低音に関しては、4P/4Sいずれも「本当に十分」出ています。BOSEを買っちゃうくらい低音厨のワタクシも認めます。

 音質も、解像度・分解能の観点で言えばImage X5よりも良いです。ただし音場や味付けでX5を好む人の方が多いとは思います。

 最後に、4Pと4S(アダプタ使用)の差は歴然でした。と言ってもパッと聴いて「これは4Sだね」と分かる程ではないのですが、同じ曲をそれぞれで通して聴いてみると、明らかに4Sの方が明るく、欲しい所で欲しい高音が響きます。それこそ好みとかではなく、4Pか4Sか迷っている子羊ちゃんにワタクシは言っておきたい。

 4Sを買いましょう。

 そんな感じで、Image X5を買ったのをきっかけにER-4P/4Sを再評価出来たのは大収穫でした。普通にER-4Sも欲しくなって来ちゃったなぁ。参った。
posted by 絹 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。