2009年11月08日

[イヤホン]ER-4P(4S)に関する悲しい誤解

 かつてワタクシはネットの比較的古い評判を信じて、Etymotic ResearchのER-4Pを購入しました。本当は4Sが欲しかったのですが、たまたまアウトレットで4Pだけが安かったのと、後から4S化アダプタを装着すれば4Sと同等の音を得られると知っていたため、まぁいいかなと言う判断です。

 そして、しばらくはイヤチップをあれこれ変えながら「う〜ん、なるほどER-4Pはいいね」とか思っておりました。そう、確かに良い音はしていたのです。ただ、感動する程までは行かず、ちょっとした不完全燃焼感を味わっていました。

 結局、低音や音場や装着感を求め、BAカナルイヤホンとしてはかなり高額なTriple fi.10proを買うまでに至り、しまいには更なるカジュアルさを求めてBOSE QC3にも手を出し、すっかり出番が無くなったER-4P/4Sへの評価は以下のような物となりました。

・装着感が悪い。
・低音が弱い。
・4Pと4S、そんなに音質は変わらない。
・敢えて言うなら、4S化すると高音が耳に痛い。

 これ、全部間違いでした。本当に申し訳ない(誰にだ)。

 耳穴に、これ以上入らないくらいギュウギュウに押し込み、角度も調整し、外音が危険な程カットされた状態で「これで完璧な装着だろう。しかしキツな」とか思っているそこのあなた! 本当にそれが完璧な装着かどうかは分かりませんよ?

 Klipschのイヤチップ…これはイヤーゲルズと呼ぶらしいですが、ソフトシリコンで楕円形になっているそれはER-4シリーズでも使えます。本当はImage X5を買っていただきたい気持ちはありますが(大〜小合わせて全種類1ペアずつイヤーゲルズが付属しているから)、無理なら別売されているチップで、自分の耳に合うと思われる物を購入してみて下さい。

 イヤチップでこんなにも音や装着感が変わる物なのか!と、必ずや耳からウロコが落ちると思います。某匿名巨大掲示板等では、ER-4ユーザーが「低音は十分」と言うのに対して「いや、あの低音の量が十分と言うのには無理があるでしょ」とか「スカスカ」とか反論がなされて、ワタクシも(そうだよね)と心の中で同意していましたが、それだけER-4シリーズは装着が難しいのだと今頃理解しました。

 低音に関しては、4P/4Sいずれも「本当に十分」出ています。BOSEを買っちゃうくらい低音厨のワタクシも認めます。

 音質も、解像度・分解能の観点で言えばImage X5よりも良いです。ただし音場や味付けでX5を好む人の方が多いとは思います。

 最後に、4Pと4S(アダプタ使用)の差は歴然でした。と言ってもパッと聴いて「これは4Sだね」と分かる程ではないのですが、同じ曲をそれぞれで通して聴いてみると、明らかに4Sの方が明るく、欲しい所で欲しい高音が響きます。それこそ好みとかではなく、4Pか4Sか迷っている子羊ちゃんにワタクシは言っておきたい。

 4Sを買いましょう。

 そんな感じで、Image X5を買ったのをきっかけにER-4P/4Sを再評価出来たのは大収穫でした。普通にER-4Sも欲しくなって来ちゃったなぁ。参った。
posted by 絹 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

[イヤホン]Image X5はすごかった

 Image X5は歩行時のタッチノイズが余りにもひどくて、思わず今日はBOSE QC3を持って外出してしまいました。でも帰宅したら早速Image X5とチェンジです。

 うーん。もしかすると今までちゃんとカナルイヤホンを装着出来ていなかったかも。それくらい、未知の音がImage X5からは聞こえて来ます。音のクリアさも低音の締まりも、お気に入りのMDR-7506をも上回るように思いました…。自分的にはER-4Pも10proも超えて、現時点で我が家ナンバーワンのイヤホンです。

 さらにImage X5を使っていて気付いたのは、僅差ではありますがiPhone+ドックコネクタ+Fiio E5よりもiAudio U5一発の方が音質が良い気がする事。前者の取り回しの悪さを考えれば、仮に後者の音質が多少劣ってもそちらを選びたくなるくらいなのに、むしろU5の方が高音質に思えるのなら、なおさらです。

 ついでに、ER-4P用の4S化アダプタを噛ませたImage X5は期待通りに高音が際立つのも確認しました。低音ウゼーと思う人や、イコライザを使わずにもっとクリアな響きを味わいたい人は試す価値があるかと。まぁワタクシはiAudio U5のイコライザを低音側から -3, -3, 0, 3, 3 くらい、そしてBBEを2にしたお手軽設定でも十分ですが。もちろん4S化アダプタを使う時はイコライザは完全にフラットにしています。

 そんな感じで、いつの間にかiPhoneを音楽プレーヤーとして使う計画がどんどん崩れてしまっている今日この頃なのでした…。
posted by 絹 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

[イヤホン]Image X5で外出

 土曜日に届いたKlipsch イヤホン Image X5を実際に使ってみて、まず感じたのは「タッチノイズ多い!」でした。とにかく、歩くとゴソゴソすごいです。遮音性はそこそこで(もちろん危険なくらいには外音を遮断します)、それよりも今まで使ったどのシリコンチップよりもシールしてくれるのがありがたかったです。

 他に問題はと言うと、耳から外した時に本体が結構ずっしりしているので(ステムが短くて金属製で折れる心配が少ないのはGoodですが)、そのやり場に困ってしまう事。ER-6iとかER-4Pは軽いのでクリップ部から先をプラプラさせておけばいいんですけどね。これは、かつて売られていたエレコムのネックハンガーでも使えば大丈夫かな…。

 で、話を戻しますが、タッチノイズ対策として、X5を装着した後にケーブルを「の」の字のようにして耳の周りを這わせる(巻き付ける)と言う手があります。これがまた劇的な効果を見せまして、帰り道にマスクの下でひっそりニヤけてしまう程なのでした。

 ところが、帰宅してその様子を鏡で確認したらビックリですよ。何だか、耳周辺が珍妙なオブジェと化していました。これはさすがに恥ずかしい。本当は画像を載せた方が笑いを取れて良いのですが、それすら無理なくらいです。ああ、帰り道の途中から試したから、電車の中もずっとそんなだったわー。
posted by 絹 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。